シャーロック 2019年秋ドラマ

シャーロック特別編見逃し配信やゲスト16人にネタバレ感想と結末は?ドラマ編全話配信

2019年12月16日の#11の放送で最終回を迎えた【シャーロック

実は本当の最終回は【特別編】なのだとか。

特別編であり真の最終回なのですから、是非チェックしなくてはなりませんよね。

喜びのken
これを見ないとシャーロックは締まりません

シャーロック全話無料視聴はFODで!

 

 

 

シャーロック特別編の見逃し配信

テレビシリーズは月9ということで、FODでの配信でした。

現在は期間限定で最終話が無料で配信されています!

 

その他のエピソードはFODプレミアムに登録しての視聴になります!

特別編が始まる前のおさらいも、伏線が張られた瞬間もここに全てがあります。

月額888円かかりますが、無料期間中に解約すれば費用は一切かかりません

シャーロック全話無料視聴はFODで!

 

 

 

シャーロック特別編 あらすじ

 

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が守谷壬三(大西信満)と埠頭から海中へと没してから1週間が経ったが、二人の遺体はまだ発見できず、警察の捜査は縮小気味で、若宮潤一(岩田剛典)は、空虚な日々を送っていた。

獅子雄の"最期の場所"である、あの埠頭に再び佇む若宮に声をかける一人の女性の姿が。

フリージャーナリストの門司かれん(木南晴夏)だ。

獅子雄の功績を後世に遺すために話を聞かせて欲しいと言う。

若宮は、まだ死んだと決まったわけではないと抵抗するが、彼女は、獅子雄に関わった人々の思いを一緒に調べることで、獅子雄について何かしらの手掛かりになるかもしれない、と言うが・・・。

かくして、若宮は、かれんと共に、親愛なる友がどんな男だったのかを探る"”をすることに・・・。

一体この女は何者なのか?

そして獅子雄という男は一体何だったのか?

聖夜を前に、最期のミステリーが幕を開ける!
参照:公式

最終回(12月16日放送)のラストシーンでは、獅子雄はついに宿敵である守谷壬三と対峙したのだが、江藤礼二や若宮の目の前で守谷と共に海中に沈んでしまいます・・・。

今回の特別編では、突然獅子雄がいなくなった事を受け入れられない若宮の目の前に門司かれんが現れるところから始まります。

かれんはフリーのジャーナリストで、共に獅子雄と関わった人たちを取材していくことを提案してくるのです。

謎の多い門司かれんとは、一体何者なのでしょうか?

 

 

キャスト

  • 誉 獅子雄ほまれ ししおディーン・フジオカ

この物語の主人公。原作の「シャーロック・ホームズ」にあたる人物。

若い頃から不可解な難事件を解き明かしてきた天才、犯罪捜査コンサルタント

自身も一歩間違えれば犯罪者になりかねない「犯罪衝動」を抱えている危険な香りのする男でもあり、態度は「横暴」で失礼な言動も多々ある。

  • 若宮 潤一わかみや じゅんいち岩田 剛典

原作では「ワトソン」に当たる人物。

都内の病院に勤務していた元精神科医

頭はいいが「普通の人」で、冷静で善良な外面とは裏腹に、虚栄心や煩悩、繊細なハートを持っているナイーブな青年。

  • 江藤 礼二えとう れいじ佐々木蔵之介

警視庁捜査一課の警部(係長)で、原作では「レストレード警部」に当たる人物。

順調に出世してはいるが、自身の捜査能力は備わっておらず、ついつい「迷推理」を繰り出してしまう。

調子のいい面もあるが、どこか憎めない愛すべき人物。

  • 小暮こぐれ クミコ山田 真歩

警視庁刑事部捜査一課に所属する、冷静・優秀な巡査部長

獅子雄からは「グレ」と呼ばれる。

原作では「グレグスン警部」に相当する人物で、江藤の迷推理に対して冷静なツッコミを入れつつ軌道修正を図る。

 

見どころやゲスト16人について

シャーロック」はディーン・フジオカ演じる犯罪捜査専門コンサルタントの誉 獅子雄と、岩田 剛典演じる元精神科医の若宮 潤一がバディを組み、数々の難事件を解決していくミステリーエンターテインメントドラマです。

最終回のラストシーンでは、獅子雄が海中に沈んでしまうという衝撃の結末となりました。

今回の特別編では、獅子雄の消えた現実を受け入れることの出来ない若宮が獅子雄の行方を求めるけれど見つからない葛藤の最中に木南演じる門司 かれんと出会うというところから始まります。

特別編ということもあって、かれんと若宮の取材によりこれまで獅子雄に裁かれ恨んでいる犯罪者達や、助けられたことで前向きになり新たな道を歩んでいる人なども登場するとのことです。

元警視庁職員で再び拘留された市川 利枝子(伊藤 歩)や、夫を自殺に追いやった赤羽 汀子(松本 まりか)、嫉妬から殺人を行った元ボクサーの石橋 卓也(金子 ノブアキ)ら、これまで各話ゲスト達のうちの総勢16名のその後も新たに描かれたストーリーのようです。

特別なる真の最終回」の仕上がりのようですね。

豪華な話でありつつもドラマの最終回から続くような時間の流れですから、引き続きチェックしたいところですよね。

 

 

原作や前作などあれば比較など

原作は世界的に有名な古典推理小説で、イギリスの小説家アーサー・コナン・ドイル作の『シャーロック・ホームズ』シリーズ。

ドラマ「シャーロック」は、現代のオリンピック目前の令和の東京を舞台としたリメイク版となっているようです。

世界的にファンも沢山居て、聖書の次に多く読まれているといわれていて、19世紀後半に作られた書物のシャーロック・ホームズシリーズですが、イギリス版のリメイク作品『SHARLOCK』と今回のドラマである『シャーロック』は関係がないということです。

原作のシャーロック・ホームズの登場人物像

シャーロック・ホームズ

天才的な観察眼と推理力を持つ私立探偵

性格は極めて沈着冷静だけれども、興味を引く捜査以来が来ると報酬を考えずに夢中になるところがあるようです。

ホームズはその多才なる能力により「自分が犯罪者になれば大変なことになっていたであろう」という発言をしています。

ジョン・H・ワトソン

ホームズという人物に好奇心を刺激される補佐役。

報酬に無頓着だったり、手柄を刑事に横取りされても何とも思わない性格のホームズのことをお節介したくなってしまいます。

ホームズの補佐をしながらも、携わった事件の本を執筆するようになり、それが『シャーロック・ホームズ』作品そのものの設定となっていますね。

天才ホームズに対する尊敬と憧れの念を抱いているワトソンです。

  • 主要人物像だけを見ても、リメイク版というだけあって今回の「シャーロック」は原作の人物と類似点がかなりありますね。

原作の『最終回』とは?

原作では宿敵とする存在「モリアーティ教授」という重要人物が存在します。

モリアーティ教授は、ホームズと拮抗する頭脳を持つ宿敵で、イギリス中の悪の総元締めをしています。

エージェントを使っての悪事を働く為に、その存在は知られていません。

『最期の事件』で、ホームズはモリアーティ教授と決闘を行い、2人共滝つぼに落ちてしまったのか消息を断ってしまいます。

原作のシリーズ出版もここで途絶えていたようで、これが最期の事件だと思われていました。

しかし、数年後続編が出版されたのです。

原作の続編とは!?そしてその内容とは!!

ホームズがいなくなり、失意の中ワトソンは3年の月日を過ごしていました。

そんなある日、ワトソンの前にホームズが帰ってくるのです。

モリアーティ教授は滝つぼに落ちて亡くなるのですが、ホームズは滝に落ちてはおらずにモリアーティ一味の残党から逃れる為に姿を消していたのです。

再びモリアーティ一味の残党を捕まえるべく戻ってきたホームズは、残党逮捕後にしばらくは探偵を続けていますが、晩年は農業を営むのですが、第一次世界大戦の直前に政府からの依頼で、ドイツのスパイ逮捕に協力することになるのです。

原作のホームズは戻ってくるのですね。

  • 「シャーロック 特別編」でのホームズ、獅子雄は戻ってくるのでしょうか・・・

私個人としては、原作に沿った期待を込めずにはいられません。

特別編での結果を楽しみにしたいと思います。

 

Twitter前評判など

 

シャーロック特別編 ネタバレ感想

20代女性
面白いところもあったけど正直不完全燃焼感が強い話でした。獅子雄が本編最終話でいなくなり守屋との対決もうやむやになってしまったのでスペシャルでやっと二人の対決が見られるととても楽しみにしていました。しかし若宮の元にいきなり訪れた謎の女性記者と若宮がそれぞれ今までに獅子雄たちが関わった事件の関係者に話を聞きにいき現在を知ることと昔のことを思い出していました。それが総集編みたいで振り返れたのは面白かったけど守屋と獅子雄の対決が見たいと思いました。


30代男性
最近のフジテレビで多い最終回後のスペシャルという名の総集編であまり面白みがなかったのが感想でした。
と言っても比較的、新しく撮影してる部分も多かったので単純に総集編だけではなくて最終回後の誉獅子雄がいなくなった世界を見ることができました。
今までの捕まった犯人や関係者が事件を機にどう変化したのかなどは見てて興味深くよかったです。
最後の最後に誉獅子雄が急に出てきたところはちゃんと視聴者を裏切らずに終わらせたところは納得できるものでした。
ただ、最終回時に姿を消した経緯などが語られてなくてその点は納得できないものとなりました。

50代男性
門司(木南晴夏)というジャーナリストによって、なかば強引に獅子雄(ディーン・フジオカ)の足跡をたどることになった若宮(岩田剛典)ですが、本当に門司は獅子雄に助けられたというだけなんでしょうか?若宮は疑うよりも信じてしまうタイプなので、語られなかった嘘がありそうです。そして獅子雄ですが、やはりホームズ同様、生きて戻ってきました。江藤(佐々木蔵之介)の反応が面白かったです。3年も姿を消していた理由はきっとあの守谷は偽物だった可能性が高いのだと思います。まだまだ隠された謎が多いままなので、シーズン2もありそうな感じがして楽しみです。

30代女性
ほとんと総集編のようなスペシャルでしたが、最後はやってくれましたね!!しびれました。私も獅子雄が死んだとは思っていなかったので当然と言えば当然ですが、登場の仕方がかっこよかったと思います。シャーロック製作の方はやはりセンスがあると思います。若宮ちゃんも警部もうれし涙ながしていて私も泣いてしまいました。木南さんが必要だったのかどうかは分かりませんが、演技は上手でした。犯人たちもみなクセがあって面会シーンは怖かったですね。

40代女性
今まで事件に関わった人たちがいなくなってしまった獅子雄に対してどう思っているのか、という気持ちを引き出すようなストーリーでした。
獅子雄によって前向きな生活を送れている人たちが、今どんな状況なのかということも分かって、若宮としても気が済んだんじゃないかなと思います。
全く手がかりが掴めない獅子雄の行方。
防水加工をした手紙が見つかり、若宮にあてた遺書のような内容に意外性を感じました。
若宮も獅子雄がいなくなったということを受け入れ、それから3年後には犯罪コンサルタントとして活躍。
そんな時に鑑識の格好をした獅子雄が現れ、若宮に対してダメ出しをする、という結末だったので、面白かったです。

放送予告

2019年12月23日(月)21時から放送です!

 

FOD公式サイトはこちらから

 

 

 

以上、ありがとうございました。

最初に読んで欲しいお話

FOD
Hulu
U-NEXT

-シャーロック, 2019年秋ドラマ

© 2020 ドラマ・アニメ・エンタメ動画配信所  tokyoステーション