2020年春アニメ かくしごと

かくしごとの動画を無料で見よう。11話ネタバレ感想。平気ではない彼女・・・・佇む姫の顔は険しく

今回のタイトルになっている最終兵器彼女とは兵器に改造された少女が自分の意図せず、兵器として扱われ世界を救うべく駆り出される。

しかし【かくしごと】の世界での少女・・・姫は両親を救う事が出来ず・・・どうする事も出来なかった幼年時代を過ごしたと思います。

険しい顔で何を思うか。

今回は【かくしごと】11話(6月11日放送分)の見逃し配信情報などを『隠さずに』紹介したいと思います!

 

初回無料トライアルで見放題を無料

圧倒的配信数は業界随一

原作本も好評配信中!

31日無料キャンペーン!

 

かくしごとを無料で視聴する

U-NEXTで視聴する方法

圧巻の作品数!映像は16000本、雑誌は70誌以上収録!

気ドラマや映画。アニメも豊富にあるし、海外ドラマ・韓流ドラマも完備!探している作品はきっとここにある

マルチデバイス対応!家でもドライブ中でも出先でも!手元にテレビがやってくる!

4アカウント完備で家族それぞれに!

月額1990円(税抜)かかってしまうけど・・・・

無料期間に解約すれば期間中見放題

+ 対応端末一覧を確認してみる

ソニー TOSHIBA シャープ パナソニック各社テレビ
GoogleChromecast Ultra
プレイステーション4 プレイステーション4Pro
Androidスマホ&タブレット iPhoneスマホ&タブレット
Windows7以降(Googlechrome Firefox IE) MacOSX以降(Googlechrome Safa

+ 登録方法はこちら

+その他の配信情報

サービス名対応/月額無料期間
海外ドラマを
hulu見るならここ

1026円
2週間
すぐ見る
アニメの事は
dアニメストア dアニに!!

400円
31日間
すぐ見る 

 

初回無料トライアルで見放題を無料

圧倒的配信数は業界随一

31日無料キャンペーン!

 

 

かくしごと  11話 あらすじ


11話『最終回平気彼女』

ある夜、姫から「家族会議したい」と告げられ、可久士はうろたえる。「うちには会議室がないから、会議室を作ってからにしよう」と可久士は返す。二人では「会議ではなくて会話にしかならない」と伝えれば、姫は落ち込むだろうと可久士は返答を悩む。明くる日、姫は学校で「会議室がなくても会議はできる」と聞き、莉子に井戸端会議を勧められる。かくして「めぐろ川たんていじむしょ」の面々は、井戸端会議をするための井戸を探し始める。
参照:公式

 

 

 

 

かくしごと 11話 放送情報

 

11話『最終回平気彼女』

放送局放送時間
TOKYO MX2020年6月11日(木)24:00~
サンテレビ2020年6月11日(木)24:30~
BS日テレ2020年6月11日(木)23:30~
AT-X2020年6月11日(木)23:30~

 

 

かくしごと 11話 感想

 

11話 感想

姫は自宅でお父さんと会議をするための部屋が必要だと思っていました。
ですが、会議は特別な場所がなくてもできるものです。

井戸端会議の語源は、もともと井戸端でおしゃべりをしていたのがきっかけだと思います。
それが今では会社の給湯室など、人が自然に集まる場所で、無駄話をするような時に使われるようになりました。

姫たちの目黒川探偵事務所のメンバーは本当に井戸を探してきました。
使わない井戸は確かにたまに見かけますが、やはりかなり危険だと思います。

そんな場所から声が聞こえてきたら、相当驚いてしまいます。
ですが、それは編集者だったようで、さらに「風のタイツ」の打ち切りという話もまったくありませんでした。

連載が終わってしまうと、そこで仕事が終了してしまう可能性もあり、漫画家稼業は本当に大変だと思いました。
アシスタントのメンバーは残念がっていましたが、まだしばらく今の生活が続きそうです。
最後に姫の11歳の誕生日会が庭で行われ、可久士は大量の唐揚げを作って振る舞っていました。

彼女の18歳の誕生日の時にはすでに父親が傍にいなく、彼女とクロが古いアパートの一室で、当時のアルバムを見ています。
この間に何があったのか分かりませんが、次回のタイトルが「ひめごと」なので、何かそれに繋がっていくような気がします。

姫が家族会議をしたいと言い出した時に可久士が悩んでしまうのですが、そこからの物語のかけ違い感が最高に面白かったです。

十丸院とばったりあって話が展開していくのですが、この場面を見て完全にアンジャッシュのすれ違いコントのように見えました。

それから可久士が編集から連載を打ち切られると思い込んで必死にペンを走らせている姿がすごく躍動感があって見ていて気持ちよかったです。

やっぱり漫画家というものは終わりが見えた段階で未知の力を発揮するのでしょうか。

この場面を見てそう感じました。

その後、姫の家族会議の意味が誕生日パーティーのことだとわかり可久士同様に安心しました。

なんだか姫から重大ななにかを知らされるのかと思ったのでこんなほのぼのした話だったなんて思いませんでした。

そして、半年後にちゃんと自宅で誕生日パーティーを開いてみんなでバーベキューをしている姿がすごく良かったです。

ちゃんと話していた唐揚げも可久士が大量に作っていたので、嬉しくなりました。

それから現代に戻り18歳の姫のパートになったのですごく寂しい気持ちになりました。

可久士との思い出が輝いていただけにすごく哀愁を感じる終わり方でしんみりしました。

次回が最終回みたいなので心してみたいと思います。

今回の話は漫画打ち切りの話です。

いきなり編集部に呼び出される後藤、普段は全く呼び出されないため、打ち切り等のかなり大事だと予想しました。かなり鋭い予想だと感じました。

そして相手の方も後藤と会うのは躊躇っていました。

やはり誰も好き好んで面倒ごとはさけたいのでしょう。

長らく連載していた後藤の漫画は今回を持って打ち切りになりました。

後藤の漫画はオフィスのメンバー全員で書き上げるもので、実質オフィスのメンバー全員で書き上げるのですが、それは今回の打ち切りにより、メンバーは実質解散になります。

その時のメンバーの反応が別れ際で寂しいという感じで、泣いていくと思いきや、かなりあっさりしていて笑ってしまいました。

メンバー曰くみんなやりたいことがあるようで、連載から解き放たれたという気分だったようです。

また連載打ち切りは薄々感づいていたようです。

そんなわけで皮肉にも後藤の漫画連載から解放されて面々は生き生きとしていました。

漫画家は連載から再開されると覚醒するといっていました。

確かにハードな敷き詰めよりゆったりと余裕を持ってした方がいいアイデアが生まれやすい気がしました。

そして姫との誕生日パーティーで終わりよかったです。

今回はタイトルに「最終回」という文字が入っていたので、最終回だと思っていて、どういう展開でかくしがいなくなるのだろうと思いハラハラしながら見ていました。

そして、かくしと編集長と会食を自分のためだけに行ったり、「風のタイツ」の原稿をなくしてしまうなど、今回も十丸院の暗躍が炸裂していたと思います。

自分のことを有能だと勘違いしていたり、本当に十丸院は救いようのない編集者だと思いました。

かくしも編集長もいきなり話があると言われたら、何を言われるかがわからないので、変に勘ぐり合うのも当然だと思いました。

あの展開で実際に連載が終わり、後藤プロが立ち行かなくなって、かくしが失踪してしまうのだと信じていました。

そして、終わってしまうのが悲しいと思っていましたが、「最終回」がただのタイトルということで次回予告もあり、安心しました。

また、姫ちゃんも同じように会議をしようと言い出したのでかくしは、こちらも緊張したと思います。

その後、無事に姫ちゃんの誕生日会の様子を見たときは、みんなが本当に仲が良さそうで、ほのぼのしていて幸せそうで何よりでした。

しかし、かくしは一体このあとに何があったのだろうということが気になり過ぎます。

今回の大まかなあらすじとしてやはり一番話題に上げるべきなのは、姫が11歳になったということではないでしょうか。

もはやギャグ漫画とは言えなくなってきたかくしごと、シリアスな雰囲気を好み、そのシリアスな雰囲気に今後どのようなことが起きるのか今後の放送が見逃せないのであります。

仕事がないということで日々貯金を切り崩していくというかなり深刻な状況ではあるものの、自分が描いた漫画がアニメになるという喜び、その喜びをもってしてお金とは関係がないと言う、ほのかな希望の光に託している最高の未来を待っているといえる今後の展望がすごく気になります。

子供の小学校時代は長いようで短く中学になってからは高校や大学といったようにどんどん、月日は早く進行していきます。

11歳というお誕生日会、この写真があるかどうかいまいち分かりませんでしたし、それを確認することはできませんでした。

薄暗い部屋でアルバムを見つめる姿の姫ですが、そのシーンに映った姫はとても悲しそうであり、あまりに酷い未来が待っているのではないかと思われるような話であります。

しかしながら今後の事がどうなっていくということが気になり目を離せない状況であります。

ともあれ漫画の打ち切りを乗り越えきちんとした生活が送れるようになってほしいと切に願う次第であります。

 

予告では後藤先生の描く「風のタイツ」が最終回を迎えるようでしたが、どうなるのでしょうか。

今回のキーワードは「会議」
後藤先生は「家族会議」。
十丸院(とまるいん)は「編集会議」。
六條先生は「職員会議」。
それぞれの会議の話なのに、会話が絶妙にかみ合う「井戸端会議」。
最終的にはお互いに納得してしまいます。
小学生グループが会議を行うために会議室または井戸を探し始めます。

経費で食事をするために後藤先生と編集長の食事会を設置する十丸院。
これも会議といえば、会議。
後藤先生は打ち切り、編集長はカラーページの要求と勘違いしたまま話が進みます。

自分の作品が打ち切りになると思い込んだ帰り道。
作家にとっての打ち切りを考え、アシスタントの心配をします。
「それでなくても、金かかるのになぁ……」のつぶやきの後には船舶とダイバーの請求書。
所々でシリアスな展開が入ってきます。

ここから「風のタイツ」の最終回に向けて面白おかしく書き続ける後藤先生。
最終回が決まると面白くなる漫画って確かにあるあるです。
打ち切りの誤解は小学生グループが見つけた井戸で解けました。

後藤家の家族会議は姫ちゃんのお友達の誕生日会に持ち寄るからあげを一緒に作りたいというかわいい内容でした。

そして半年後の姫ちゃんの誕生日会のシーンへ。
編集部、姫ちゃんの友達、後藤家に関わりある人たちが集まり、盛大に始まる誕生日会。
皿いっぱいのからあげ。
いっぱいのプレゼント。
みんなで記念撮影。

夜は後藤家(2人+1匹)だけで二回目の誕生日会。
これから毎年やっていこうと笑う後藤先生。
ずっと、ずっとこんな時間が続くと思っていた。

時は流れて。
誕生日会のアルバムをアパートで眺める姫ちゃんは今日で18歳。
ポストには鍵と地図と「カクシゴト アリ」の手紙。
最後は電車に乗る姫ちゃんが「カクシゴトはなんですか?」

これまでの未来編の話につながる起承転結の面白い話でした。

 

\\感想を読んで動画が見たくなったら//

かくしごとの動画を無料で見る

  • 初回無料トライアルで見放題を無料
    31日以内の退会で料金はかかりません

  • つまり31日間の動画見放題が無料で出来る
    かくしごとは原作も配信中

無料トライアル中の退会で1999円/月が初回0円に!

動画ページにすぐ行く

 

 

かくしごと 作品知識

『かくしごと』は月刊少年マガジンで連載中の久米田康治による漫画を原作とするアニメです。

漫画家の後藤可久士には一緒に暮らす一人娘がいて何事においても娘を最優先するほどの親バカですが、ちょっと下品な漫画を描いているので自分の職業が漫画家であることだけは知られたくないと思っています。

スーツ姿で家を出てから途中で着替えて仕事場へ向かうなど、苦労しながらも『描く仕事』を『隠し事』にしつづける可久士と娘の、愛と笑いとちょっと涙のハートフルストーリーです。

 

 

原作者の久米田康治氏本人も後藤可久士と同じく"ちょっと下品な"漫画を描いてきた漫画家であり、そんな作者が本作では下品さや、得意とするぶっ飛んだ設定も使わずに暖かい日常を描いていることでも話題となっています。

そして久米田氏自身は隠していませんが、作中の可久士のエピソードはほぼ自身の体験した実話が元になっているとも語っており、久米田康治氏の体験による"あるある"も交えた「漫画家漫画」のような作りになっているところも見どころです。

原作久米田康治
監督村野佑太
シリーズ構成・脚本あおしまたかし
キャラクターデザイン山本周平
音響監督納谷僚介
音楽橋本由香利
総作画監督西岡夕樹 遠藤江美子 山本周平
アニメーション制作亜細亜堂
制作かくしごと制作委員会
公式サイトかくしごと公式HP
公式Twitter@gotoukakushi

 

 

 

まとめ

  • かくしごとの11話放送は6月11日(木)
  • 見逃し配信は
    ⇒dアニメ:毎週木曜24時より
    ⇒Hulu U-NEXT:毎週火曜24時より
  • 関連書籍やかくしごと以外の作品も魅たい
    >>>31日間無料のU-NEXTがオススメ
  • 海外ドラマをよく魅る人
    >>>2週間無料のHuluがオススメ
  • アニメが最速で魅たい!けど料金が安いとこがイイ
    >>>31日間無料のdアニメがオススメ
  • どのサービスも無料期間中の退会で料金がかかることはありません

 

かくしごとの動画を無料で見る

  • 初回無料トライアルで見放題を無料
    31日以内の退会で料金はかかりません

  • つまり31日間の動画見放題が無料で出来る
    かくしごとは原作も配信中

無料トライアル中の退会で1999円/月が初回0円に!

動画ページにすぐ行く

最初に読んで欲しいお話

FOD
Hulu
U-NEXT

-2020年春アニメ, かくしごと

Copyright© ドラマ・アニメ・エンタメ動画配信所  tokyoステーション , 2020 All Rights Reserved.