2020年春アニメ フルーツバスケット

フルーツバスケット(フルバ)2期動画と14話考察ネタバレと無料見逃し情報。 潑春と依鈴、恋と呪いのハザマ

2期から登場の潑春の恋人、依鈴。

激しい情緒の中には潑春への想いがいっぱい。

色んな感情が入り混じる少女に今週は注目です。

今回も【フルーツバスケット2期】14話(7月6日)の見逃し配信情報なども紹介したいと思います。

 

初回無料トライアルで見放題を無料

圧倒的配信数は業界随一

31日無料キャンペーン!

 

 

 

フルーツバスケット 2期 相関図

 

 

フルーツバスケット2期を無料で視聴する方法

U-NEXTで視聴する方法

圧巻の作品数!映像は16000本、雑誌は70誌以上収録!

気ドラマや映画。アニメも豊富にあるし、海外ドラマ・韓流ドラマも完備!探している作品はきっとここにある

マルチデバイス対応!家でもドライブ中でも出先でも!手元にテレビがやってくる!

4アカウント完備で家族それぞれに!

月額1990円(税抜)かかってしまうけど・・・・

無料期間に解約すれば期間中見放題

+ 対応端末一覧を確認してみる

ソニー TOSHIBA シャープ パナソニック各社テレビ
GoogleChromecast Ultra
プレイステーション4 プレイステーション4Pro
Androidスマホ&タブレット iPhoneスマホ&タブレット
Windows7以降(Googlechrome Firefox IE) MacOSX以降(Googlechrome Safa

+ 登録方法はこちら

+その他の配信情報

サービス名対応/月額無料期間
海外ドラマを
hulu見るならここ

1026円
2週間
すぐ見る
アニメの事は
dアニメストア dアニに!!

400円
31日間
すぐ見る 

 

初回無料トライアルで見放題を無料

圧倒的配信数は業界随一

31日無料キャンペーン!

★☆原作も好評配信中!☆★

 

フルーツバスケット2期 14話 あらすじ

14話『俺もう死んだっていいや・・・』

透のおじいさんがギックリ腰で倒れたと連絡が入る。三者面談の日が差し迫っていたので、おじいさんの代理として紫呉が透の三者面談に出席することに。由希も三者面談のことを両親に話そうと草摩家へ戻るが母親は不在だった。その帰り道に依鈴と遭遇。逃げる依鈴の手を掴み、「本気で春を振ったのか?」と尋ねるが……
参照:公式

 

 

フルーツバスケット2期 14話 重要人物

草摩潑春[CV:古川慎]

牛の物の怪憑きで透達の一つ下の学年。
同じ物の怪憑きで馬の依鈴とは付き合っている。
依鈴の傍にいて彼女を支えたいと思いながらも周りが許さない場面も。
しかしその想いは本物。

 

草摩依鈴[CV:豊崎愛生]

馬の物の怪憑きで牛憑きの潑春とは付き合っている。
自身の家庭環境の影響で現在の楽羅家の様相を羨ましく思いつつも同じだけの孤独感が彼女の情緒を不安定にしていく。
潑春の呪いを解くべく、突き放しつつも半ば暴走にも似た行動で、騒動を起こす。
しかしその結果、潑春との仲を再確認することになる。

 

 

フルーツバスケット2期 14話 ネタバレ

 

14話  あらすじ

由希がまだ草摩の本家にいた頃のこと。

一人部屋に閉じこもっている時に、よく潑春が部屋にやってきていた。

リンも一緒に来ているが、無言で部屋に座っていて、いきなり「もう嫌だ」と言って出ていった。

そんなに嫌なら来なければいいのに、と由希は常に思っていた―――。

倒れた?!

透は電話口で思わず大き目な声を出してしまった。

草摩紫呉の家に厄介になるまで大変お世話になっていた祖父が、倒れたと言うのだ。

叔母の話では、ぎっくり腰なので問題ないと言う。

動けないだけで、気持ち的には大丈夫な様子だった。

ほっと胸を撫でおろす透に叔母は話を進める。

祖父が来てくれるはずだった進路相談の三者面談の件だった。

叔母は自らが赴くのを嫌がった様子だ。

透は気にしないよう、丁寧に大丈夫だと話をする。

その時、居間で話を聞いていた紫呉が透から受話器を奪い取り、電話口に出るのだった。

勝手に話を終え、電話を切る紫呉。

なんと、三者面談はおじいさんの代わりに紫呉が行くという事で話が進んでいたのだった。

申し訳ない気持ちでいっぱいの様子の透だったが、紫呉は担任である繭の嫌がる姿が見たいという目的があるのだった―――。

腰は男の命です

学校では、紅葉が透の祖父のぎっくり腰を心配していた。

横でゲームをしながら、潑春が『腰は男の命』だと軽口を叩き、透は本気で驚いている。

透に潑春の言葉は気にしないように言う由希だったが、その場には夾の姿はない。

透は夾は多分屋上にいるのではないかと言い、このところ元気がない様子な夾を案じている様子を見せた。

その姿に、紅葉は透まで元気無くさないように言い、ジュースを買いに行こうと誘う。

由希と潑春にも声を掛け、販売機の場所まで歩き出した。

自分のことも守らない

紅葉と透から少し遅れて歩き出した由希と潑春。

由希は潑春に、その後のリンとの関係はどうかと尋ねたのだった。

リンと話をすることすら難しそうだという由希の予想は当たっており、潑春はリンと話が出来ずにいた。

しかし潑春は、リンが別れ話を切り出した時から、あれは本気だったのかと疑問に思うようになっていたのだ。

リンは昔から言葉遣いが悪く、よく人を傷つけるような物言いをよくしていた。

けれども、それと同時にリンは自分を守る言葉も使わないのだ。

潑春自身、リンの本音が掴めずにいる様子だった。

リンから『いらない』と言われた事は、潑春にとってかなり傷つく出来事であったことは間違いないようだ。

話をしながら歩いていると、由希と潑春の前に、真知が現れた。

生徒会ではよろしくと由希は挨拶するが、真知はいつもの通りそっけない返事をしてその場を去っていく。

潑春は、自分の同じクラスの女子だと言い、生徒会はどうかと由希に尋ねた。

返事すらうまくできない程まだわからない様子の由希は、『未知数』だと言って、その一言を答えとするのだった。

潑春は、その返事を聞いて、由希によって良いことだと言うのだった―――。

久しぶりの実家

由希は実家の前で気持ちを整理していた。

紫呉の家に帰るのとはわけが違い、自分の実家であっても由希にとっては『良い場所』とは決して言えない場所だった。

意を決して家の中に入ると、本家の女中が出迎えた。

久方ぶりに来訪した由希を歓迎するが、あいにく由希が用のある母親の姿はない。

母親と対峙する為に、気合を入れて来た由希は拍子抜けした気持ちになるのだった。

女中に三者面談のプリントを渡し、早々に自宅から出ていく。

本家の空気は由希の心に少し暗い影を落とすのだった。

少しだけ沈んだ気持ちのまま、由希は本家から紫呉の家に帰ろうと歩き始める。

すると背後から声を掛ける人物がいた。

振り返ると、楽羅だった。

大学の帰りかと尋ねるが、楽羅は今日はさぼったようだ。

散歩の帰りだという楽羅に、由希はリンが楽羅の家に住んでいることを含めて質問する。

リンを待っていても、帰ってこない日が多いし、高校も滅多に行っていないようだから会えないだろうと答える楽羅。

リンのことを気にかける由希が珍しい様子で楽羅は由希の様子をうかがうが、由希もまた楽羅がいつもと違う様子に気付く。

夾もこのところ様子がおかしいので、由希は楽羅と夾に何かあったのかと質問をかえるのだった。

楽羅は、失恋の痛手と戦っていると言い、夾も様子がおかしいと言う言葉に明るく責任重大だと笑う。

好きになったら理屈じゃないし、自分は大丈夫だと言って笑顔を見せるのだった。

そんな楽羅の姿を見ていると、由希は少し羨ましく思う。

楽羅と別れてからも、由希は彼女のような恋心について考えるのだった。

何も知らないバカなくせに

家の近くに差し掛かった時、由希は目の前の人物に気付く。

リンだった。

リンは由希の姿を見つけると、身を翻して逃げていく。

カバンを放り出し、由希はリンの姿を追いかける。

待つように言っても止まるわけもなく、必死で追いかけ、リンの手首を掴んだ。

リンに聞きたいことは山ほどあった。

『ここで何をしているのか』

『一人で何をしようとしているのか』

『潑春を本当に振ったのか』

潑春と付き合っていたことは聞いたと言い、由希は昔の話をしだした。

由希が本家の部屋に閉じ込められていた頃、潑春とリンが部屋にやってきてくれた事だった。

リンが『帰る』と言い出して、帰った後に必ず誰かが様子を見に部屋にやってきていたのだ。

今になって考えると、由希がいる部屋に十二支の誰かが遊びに来ることを慊人が許可するはずがない。

それでも潑春は来てくれていたのだ。

見つかったら怒られるのは明らかだったのだから、リンは潑春を守るために共にいたのだろう。

由希は当時わからずにいた。

今になってリンの本意がわかった・・・だからこそ、現在リンは潑春を『何か』から守ろうとしているのではないかと思った。

由希の言葉を黙って聞いていたリンだったが、ようやく重い口を開く。

由希に話したところで何もできない、と。

何も知らないバカのくせに、と冷たく言い放ち、リンはさらに続けた。

紫呉の家に住めるようになったのは、潑春が紫呉に頼んだからなのだと―――。

潑春が『先生』と呼ぶ理由

紫呉に由希をあの部屋から出してほしいと頼んでいた。

そんな潑春の願いに対して、面白がった紫呉は、自分を『先生』と呼ぶように指示したのだった。

その約束を潑春は現在も守り続けているのだ。

リンの悪態は止まらない。

学園生活も呑気に行っていればいいと言い、しまいには『くそったれ』という言葉まで投げつけるのだった。

その時その言葉はどうかと横から口を挟まれる。

由希とリンの視線の先には、潑春がいた。

もう死んだっていい

潑春は紫呉の家に遊びに来たのだと言い、落ちていた由希のカバンを由希へ渡す。

由希が受け取ったのを確認すると、潑春はリンのそばまで歩いてきた。

触れられることを拒むリンに、自分は本当にいらないのかと潑春は問う。

視線を合わせることなく無言のリンに、ならば俺はもう死んでもいいやと潑春は言った。

顔色を変え、リンが潑春の方を向くと、その瞬間を潑春は逃さなかった。

強引にリンを引き寄せてキスをする。

抵抗しようとするリンだが、潑春はさらに力を込めてリンを抱きしめるのだった。

抵抗をやめた頃、潑春もリンから唇を離し、嘘だと言う。

潑春はリンを抱きしめたまま、何もわかっていなかったのかと静かに聞くのだった。

一番大切な声を聞き逃していたのか、と。

あの日から立ち上がれていないのかと言った時、リンは潑春の左頬を叩いて逃げていった―――。

置いていかないで

ぎっくり腰の透の祖父は、思ったよりも元気そうだった。

一日布団にいるのは暇そうだが、寝てばかりで溶けてしまいそうだと笑っている様子は、透も安心する姿であった。

透の両親の夢を久しぶりに見たと言う祖父。

昔は祖父と父はあまり仲が良いものではなく、橋渡しをしてくれたのが母・今日子だったのだ。

どうしていなくなってしまったのかと穏やかに言う祖父。

もう一度お化けでもいいから会いたいと言い、眠ってしまうのだった。

『会いたい』と願う姿は透を激しく不安にさせた。

かつて父・勝也が亡くなった後に、母・今日子が言っていたからだ。

透は置いていかれたくなかった。

何でもするから母を連れていかないで欲しいと願った幼い頃の自分が押し寄せてくる。

祖父の家から歩いている時も、透の心は幼い頃の記憶で押しつぶされそうになっていた。

大切な人を連れていかないで・・・その寂しさと悲しみで歩くことさえできなくなっていた。

しゃがみこんでうずくまっていると、そこに夾が現れた。

心配そうに声を掛ける夾に、祖父は大丈夫だと笑顔で透は答える。

昔の気持ちに蓋をしたのに開きかけた透の心。

再び閉じて、透はいつものように笑うのだった。

夾は透を起こし、一緒に家への道を歩き出すのだった―――。

弱くて優しい

リンを追いかけようとしない潑春。

由希は気にしているが、リンのことは自分が何とかするので、由希が気に病むことはないと言った。

由希は生徒会とかやらなければならないことがたくさんあるから、と。

その言葉で、由希は自分ひとりで立ち上がれているわけじゃないのにそれでいいのかと怪訝な顔をする。

そんな弱さを潑春は指摘するのだった。

同時に、そんな由希が優しい・・・と。

由希は以前、兄・綾女からもその言葉を受けていた。

潑春は、由希が望む場所がをみつけるために頑張れと背中を押すのだった―――。

 

この話は原作でどこの話?

原作単行本:第12巻 69話 / 70話

この話に登場する主な人物

 

 

☆アイコンクリックでキャラクター詳細が見れます☆

 

14話 感想

今回は、リンの印象が少し変わり始めるお話ではないでしょうか。

リンのキツイ言葉の言い方なども、潑春は全てわかっていたという感じです。

まだ、由希も潑春もリンが何をしようとしているのかはわかっていませんが、リンが何かを目的として頑張っていることには気付いています。

潑春とリンの距離がまた近づいてくれることを祈らずにはいられない回です!!

由希の心の弱さ、更には透の心の闇も今回は登場していました。

透に関してはなかなか自ら抱えた悲しみや弱さを見せるようなことはしません。

けれど、おじいさんのぎっくり腰というきっかけで少し見えましたね。

あと、今週からオープニングとエンディングが変わりました!!

私としてはエンディングの映像を見て叫びましたよ。

とても素敵なんです!!

各キャラが順番に出てくるのですが・・・本当に素敵なので一人ずつこの感想の場でご紹介します!!!

今回は潑春とリンの話だったので、二人のを載せたいと思います。

 

15話 展開予想

次回のタイトルは「・・・行ってきます」なんですよね。

このタイトルはなんとも読めません(笑)

原作からの流れを考えると、三者面談の話かな?とは予想しています。

透の三者面談(紫呉参加)、夾の三者面談、そして由希の三者面談でしょうか。

由希の場面が一番の見せ場だとは思うので、なかなか見ごたえあるかと思います。

違ったとしても面白いことは間違いないので、楽しみにしたいと思います!

 

フルーツバスケットの動画を無料で見る

  • 初回無料トライアルで見放題を無料
    31日以内の退会で料金はかかりません

  • つまり31日間の動画見放題が無料で出来る
    フルバは一期も原作も配信中

無料トライアル中の退会で1999円/月が初回0円に!

動画ページにすぐ行く

 

 

 

 

フルーツバスケット 作品知識

フルーツバスケットは、元は白泉社の「花とゆめ」にて連載された漫画です。

1998年~2006年まで連載され、単行本は全23巻にも渡ります。

2018年の11月時点で世界累計発行部数は3000万部を突破している「超」人気作品で、アニメ化されました。

2001年にテレビ東京系列にてアニメ化され、2019年に再びアニメ化されました。

そして今回2020年4月より2期として放送されるのです。

2007年には、『もっとも売れている少女マンガ』としてギネスブックにも認定された作品です、期待が募りますよね。

 

 

 

 

 

原作・総監修高屋奈月
監督井端義秀
シリーズ構成岸本卓
キャラクターデザイン進藤優
編集肥田文
アニメーション制作トムス・エンタテインメント
制作フルーツバスケット制作委員会
公式サイトフルーツバスケット公式サイト
公式Twitter@fruba_PR

 

 

フルーツバスケット 2期の見どころ

 

1期は単行本約9巻分の内容でしたが、2期はどこまで行くのでしょうか?

ここからフルバは、十二支が全て揃っていき、怒涛の展開を原作は迎えます。

それぞれの心に抱えた闇や悩みがあり、全てを包み込んでいく透。

楽しみで仕方がありませんね。

透の抱えている傷もきっと出てくることでしょう。

私はこの話が、辛いながらもとても好きな話です。

それぞれの昔抱えた「傷」に触れている話はとても衝撃的で受け止めるには辛すぎる内容ばかりですが、乗り越えていくキャラクター達の描写が染み入る作品ですので、注目していただきたいと思います。

できましたら、1期から続けて観て頂きたいですね!!

 

1期からの鍵となる「十二支の呪い」とは

 

1期第7話のはとりとのお話から、透自身も意識し始めた「十二支の呪い」。

フルーツバスケットはこの「十二支の呪い」にとらわれた人たちの、それぞれの心の闇が浮き彫りになる話となっています。

十二支の中に突如関りを持つことになった透も、「呪い」について考えるようになっていくのですが、1期ではそこまで深く呪いについては紹介されることはありませんでした。

一体呪いとはどこから始まったものなのか、そして何故「呪い」と表現されてしまうのかをご紹介します。

 

ネタバレ注意!

※ここからは1stシーズンでは紹介されていない内容も含まれます。

ネタバレとなってしまう可能性がありますので、ご覧になる際はご注意くださいませ。

 

呪いの始まり

それは 遠い昔の お話―――。

千の力、千の命、千の記憶を持つ存在・・・人間と違う【その人】は人間を恐れていた。

力を持ちながらも、人間という存在とは違う自分の存在を恐れていた。

その人】は、「ある存在」が寄り添うことによって、人間と違う存在とならば仲良くなれると信じた。

たくさんの『招待状』を送り、集まった十二匹の者たちと、「ある存在」の合わせて十三匹と【その人】は宴を開きました。

月の輝く夜のたびに開かれた宴会―――。

けれどもその宴も終わりを迎える。

「寿命」という、どうしようもない その終わりに、【その人】は集まった者たちと杯を交わす。

ネズミ・ウシ・トラ・ウサギ・ドラゴン・ヘビ・ウマ・ヒツジ・サル・トリ・イヌ・イノシシが順に杯に口をつけていく。

何度生まれ変わっても、同じように宴会を開こう・・・

絆を永遠と、そして不変とするために・・・

 

誰もが忘れてしまった それが最初の記憶―――。

透が信じたかわいそうな猫


十二支の物語は、「神様の元へ、元旦に訪れた最初の動物が、その年の大将となる」という競争の物語が有名です。

幼いころ、透もまた、母親から聞かされた物語はこの物語でした。

ネズミは、ライバルを減らすために、猫へ日にちを一日ずらして伝えたため、元旦の神様の所での集まりには参加できません。

その猫が可哀そうだと透は思いました

猫年になるという決意は紫呉達と出会うまで、真面目に考えていたほどです。

 

そんな憧れの存在である猫の「呪い」を受けた人物と、透は紫呉の家で出会います。

 

十二支のそれぞれ抱えた「呪い」と「心の傷」、透はこれからどう動いていくのでしょうか?

2ndシーズンではここが深く掘り下げられていかれることでしょう。

 

ポイント

※十二支、それぞれのキャラクター紹介リンクには個々の心の傷と呪いについて追記していきますね!

 

 

フルーツバスケットの動画を無料で見る

  • 初回無料トライアルで見放題を無料
    31日以内の退会で料金はかかりません

  • つまり31日間の動画見放題が無料で出来る
    フルバは一期も原作も配信中

無料トライアル中の退会で1999円/月が初回0円に!

動画ページにすぐ行く

 

 

最初に読んで欲しいお話

FOD
Hulu
U-NEXT

-2020年春アニメ, フルーツバスケット

© 2020 ドラマ・アニメ・エンタメ動画配信所  tokyoステーション